クーリング対策 インタークーラー用リヤラジエーターキット

デモカーでテストしていました、インタークーラー用リヤラジエーター&シュラウドキットですが従来よりも10℃下がり 真夏でも50℃まで
2eleven2台でテストしましたが手で触って明らかにひんやりしていました。お客様の要望により製品化いたしました。
そもそも何故こんなクーリング対策をするのか・・・・
吸気温度が50℃以上上がっていくと徐々に点火時期を補正してエンジン保護回路が働きパワーが落ちていきます 当然タイムも落ちます。
したがって50℃以下で走ればよいのです。


さらに以前からテストしたかったビックスロットルを装着A/F(空燃費)も測定しましたが問題ないレベルでした。

さぁ夏はまだまだ終わりませんのでテストを繰り返します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です