ビルシュタインサスペンションキットオーバーホール&取りつけ

装着車両はレガシーB4 CBA-BLE
まずは車高の測定から
・フロント右640mm
・フロント左640mm
・リヤ右660mm
・リヤ左655mm

見た目でもリヤが高い設定です。
サスペンションはシムスの全長調整式

フロント側に錆びたテインの直巻きスプリングをエナペタルの直巻きに変更
・シャフト交換
・フロントメタル交換
・フロントバンプラバー交換
をしてリフレッシュしました。

外したシムスのサスペンションと比較してみましょう。
こちらはリヤ側です。
シムスの方が全長調整式なのにこんなにも長い
それに比べてビルシュタインは短い しかもストックに状態はわからず
勘に頼るしかなさそうです。
そもそも後ろの車高の高さはこれが原因していたんですね。

こちらがフロント側です。
こりゃビルシュタインの方が全長が全然長い
ビルシュタインは全長調整式ではないので致し方ありません

取り付けしてみました。
車高を測定
・フロント右660mm
・フロント左660mm
・リヤ右625mm
・リヤ左630mm
さっきと真逆仕様になりました。
当然ですね


さて対策として
リヤを10mm-15mm程度上げて
フロントは30mm下げたいですね
2回ほど繰り返しセットをだしました。

セットがでました。
・フロント右630mm
・フロント左630mm
・リヤ右633mm
・リヤ左630mm

オーバーホール 取り付け費 税込み160996円になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です