スーパーチャージャープロボックスに各種メーター装備

スーパーチャージャーを装着したら絶対に必要なのはターボメーターですね

加給圧がMAXどの程度なのか確認しなくてはいけません スーパーチャージャーはベルト駆動なのでプーリー比で加給圧が決まるじゃんっと思ってらっしゃるお客様 そうなんですが実際はオーバーシュートして多く入ってしまうこともあるので怖いですね

今回は大きめのタコメーター(80Φ) 中間の大きさ60Φのターボメーター 水温計を装備することにしました。

商品は定番のデフィレーサーゲージ2

まずはタコメーターから 電源の取り出しがマックガードのナビゲーションロックが装着されているため何やっても外れず やっぱ大したもんだなぁと思いました。なので

ECUから取り出しました。しかしイルミネーション電源だけは取り出せず オーディオ側からなんとか取り出しました。

つづいて

ターボメーターを取り付けました。サージタンクからの取り出した加給空気を圧力センサーに入れます。この場合スリーウェイジョイントを使います。

圧力センサーからの配線と電源をメーターに入れます。

続いて水温計ですがその前に どこから取り出すか? ラジエーター直後に水温センサーアタッチメント32Φを中間に入れて取り出しました。

温度計には温度センサーから取り出した配線と電源をメーターに入れます。

右よりタコメーター ターボメーター ウォーターテンプメーターの順番です。

さすがデフィ オープニングイベントが賑やかで楽しいです。

大体のお客様が「お~っ」って言いますね

お客様も気に入ってくださいました。細かな設定はお客様も覚えていただくためにお任せすることにいたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です